ライオンズクラブ国際協会の歴史

ライオンズクラブ国際協会はシカゴの実業家メルビン・ジョーンズの夢が結実したものです。彼は、狭い地域に限られたビジネスクラブの活動範囲を、単に事業に関する問題から地域社会や世界全体の福祉の問題にまで拡大する必要があると考えました。


ジョーンズ自身が所属していた「シカゴ・ビジネス・サークル」もこれに賛同しました。アメリカ国内の類似のクラブに呼び掛けた結果、1917年6月7日、シカゴのラサール・ホテルに27クラブの代表が集まり、会議が開かれました。この会議では、参加したクラブの一つ“Association of Lions Clubs”の名前を継承することとし、同年10月にアメリカ・テキサス州のダラス市で第1回大会が開催され、会則及び付則、目的及び道徳綱領が承認されました。

その中に盛り込まれた一つの理念に「いかなる会員も、ライオンズクラブを経済的利益を得る手段として不正に利用してはならない」というものがあります。この、他者に対する利己的でない奉仕の精神は協会の信条の一つとして受け継がれています。

設立からちょうど3年目の1920年にカナダで初めてのクラブが設立され、ライオンズクラブは国際的な組織となりました。その後、特に1950年代と1960年代を中心として国際的拡大を続け、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど世界中でクラブの結成が相次ぎました。

1925年、オハイオ州セダーポイントで開催された国際大会で、ヘレン・ケラーがライオンズに「盲人のために暗闇と戦う十字軍の騎士」になるように呼び掛けました。この時から、ライオンズクラブは視覚障害者に対する奉仕に積極的に取り組んでいます。

国際的な役割を広げる中で、1945年、ライオンズクラブは国連が非政府組織(NGO)の憲章を作成するのを助けるように求められました。そして国連の相談役としての立場は現在も続いています。

1990年、ライオンズは最も意欲的な視力保障事業「視力ファースト・プログラム」をスタートさせました。これまでに、2億200万ドルを投じて世界中の予防または回復可能な失明を根絶するために努力を重ねてきました。

盲人及び視覚障害者への支援に次いでライオンズが力を入れているのは、青少年のための奉仕活動です。また、環境保全や障害者のための住宅建築、糖尿病教育支援、聴力関連事業など、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)を通じ、世界中にあらゆる支援を行っています。

そして現在、ライオンズクラブ国際協会は202の国及び地理的領域に45,000クラブ、130万人の会員を有する、世界最大の奉仕組織の一つとなりました。


ライオンズクラブ国際協会の創設者メルビン・ジョーンズ
Founder Melvin Jones

メルビン・ジョーンズは1879年1月13日にアリゾナ州フォート・トーマスで、騎兵隊を指揮するアメリカ陸軍大尉の息子として生まれました。後に彼の父は転属となり、家族は東部へ引っ越しました。その後、イリノイ州クインシーの学校を卒業したジョーンズはシカゴへ出て保険会社に勤務、1913年に独立し、保険代理店を設立しました。

その後彼は実業家による昼食会グループ「ビジネス・サークル」に加入し、間もなくその幹事に選ばれました。

このグループは、当時アメリカに多数存在した会員の職業活動における利益を高めるためのグループの一つでした。これらグループは世論に訴えるものが限られていたため、消えていく運命にありました。しかし、メルビン・ジョーンズは別の計画を持っていました。「意欲、知力、野心によって成功しているこれら会員たちに、その能力を地域社会の向上のために活用させたらどうなるだろうか?」と彼は自問しました。こうして、彼の招きに応じて27クラブの代表が地域社会のための組織を立ち上げるためにシカゴに集まり、1917年6月7日にライオンズクラブ国際協会が生まれました。このクラブは社交的なものとせず、会員は自分のためだけに利益を追求してはならないと規定されました。

ジョーンズは1926年、とうとう保険代理店を閉め、シカゴの国際本部でライオニズムに全身全霊を捧げることとしました。ライオンズクラブが社会奉仕に熱心な男性たちの注目を集めるのに必要な信望を得たのは、彼のダイナミックな指導力によるものです。ライオンズクラブへの女性の入会は1987年7月に認められました。

ライオニズムの創始者である彼は、協会外部でも指導者として認められていました。彼が最も誇りとしたことの一つは、1945年にサンフランシスコで開かれた国際連合の結成にライオンズクラブ国際協会を代表して民間諮問団体の一人として参加したことでした。

世界中の公共心を持った人々の指針原則となった「他人に尽くすことから始めるのでなければ、人生の大は成し遂げられない」という信念を持っていたメルビン・ジョーンズは、1961年6月1日に82歳で亡くなりました。アメリカにあるアリゾナ州フォートトーマスにあるライオンズクラブ国際協会メルビン・ジョーンズ・メモリアルの情報はここをクリックしてください。

ライオンズとは
 
View our online video  magazine... Lions Quarterly

ライオンズは世界中で地域社会のニーズに応えるために活動している、202カ国130万人の国際的なネットワークです。

予防可能な失明を根絶するための世界的な活動で知られると共に、ライオンズはそれぞれの地域社会にとって重要な事業に参加しています。 これらの事業は公園の清掃から自然災害の犠牲者に対する支援まで、さまざまな分野に及びます。

1917年以来、ライオンズクラブ国際協会は何百万人もの人々に地域社会に貢献する機会を提供してきました。 ライオンズ・ニュース・ネットワークLQ(ライオンズ四季報)通して、ライオンズがどのようにして、毎日至る所で世界を変える努力を続けているか見てください。

会員

ライオンズクラブの会員は、社会に変化をもたらすために励んでいる男女です。それぞれの地域社会や世界規模で、視力保護や健康や教育の普及に取り組んでいます。

どうしてライオンズ会員になるべきなの?

ライオンズクラブの会員は次のことが出来ます

  • あなたの暮らす地域社会に、日々変化をもたらす
  • 身近な地域と国際的規模の両面における奉仕活動
  • ライオンズクラブのプログラムや地域社会での奉仕事業及びイベントなどに参加することで、個人的な成長と専門技術の向上が見込める
  • 身近な地域と国際的規模の両面において人道的な影響を及ぼす
  • 地域及び国際社会の両方で、またビジネス・リーダーたちとの人間関係を築くことが出来る

ライオンズクラブの会員になるには?
地元のライオンズクラブの推薦によって会員になることが出来ます。ライオンズクラブについて詳しく知りたい、あるいは会員になることを検討したい場合は、クラブ検索を使って地域にあるライオンズクラブの連絡先を調べ、ライオンズに興味があり、例会などに出席してもっと詳しく知りたいという意向を伝えてください。申請の方法についてはその後、クラブの会員に指示を仰いでください。

ライオンズクラブの活動についてもっと詳しく知りたい方は、「私はライオンズの会員」(ME37)、「ライオンズ、世界を変える力」(ME40)をお読みください。家族がライオンズクラブへの入会を望んでいる場合は、こちらをご覧ください。

ライオンズクラブ国際協会に関心をお持ち頂きありがとうございます。私たちは地域社会で奉仕活動を行っています。「ウィ・サーブ(われわれは奉仕する)」がライオンズクラブのモットーです。会員についてよく受ける質問にお答えします。詳しい情報は、ライオンズクラブ国際協会またはお近くのライオンズクラブへお問い合わせください。

詳しくは会員オペレーション課まで、Eメールまたは電話(630-571-5466 内線340)でお問い合わせください。

ライオンズクラブの結成方法は?
何らかの支援を必要としている地域がありませんか? ライオンズクラブがまだない地域、あるいはもう1つクラブがあれば奉仕活動をもっと強化出来る地域で、社会奉仕に意欲のある人々を集めてライオンズクラブを結成することを検討してください。

新クラブ結成の可能性があるのは単に行政区画だけではありません。工業団地、企業、大学キャンパス、医療機関、 ショッピング・センターなども考慮に入れてください。
新クラブとして認定されるのに必要な20人以上の会員を集めるのが難しい場合は、クラブ支部の結成を検討してください。クラブ支部の会員は独自の時間、場所で地域社会に奉仕することにより、親クラブの活動範囲を拡大することが出来ます。

ライオンズクラブの結成方法についての更に詳しい情報は、新クラブ及びマーケティング課にEメールか電話(630-571-5466内線306)でお問い合わせください。